日 時  毎月第2金曜日 第3日曜日
 午後1時より
場 所  傳通院繊月会館2階・講堂
会 費  1,000円(通信費・茶菓子代として)
指 導  松井国央先生
  俳誌「山河」代表

お問い合わせ先 傳通院観音堂墓地管理事務所
〒112-0002 文京区小石川3-14-6
TEL 03-3813-5077
FAX 03-3815-6180
傳通院では、開かれた寺院活動の一環として「俳句会」を開催しております。
芭蕉以来、明治期に正岡子規によって確立された俳句は、世界共通語になる程すぐれた日本の芸術文化です。日常生活の中でふとしたことや季節のうつろいの模様を五・七・五で表現して、感性を磨いてみませんか?
初心者の方も歓迎しております。
お気軽にどうぞ・・・
【以前の俳句会
平成30年4月の俳句会
松井 国央 春風のかたちに曲がる遊歩道
田中 雅浩 人が人隠す都会や沈丁花
山本 和子 春の軸ずらしておりぬ気の病
豊川 たかを 校庭の四隅まどろむ春休み
山縣 總子 いもうとはちちを語れず春の星
渋谷 洋子 念仏の昂る中夜花満開
一井 魁仙 春嵐陽気な赤とすれ違う
金澤 直子 葉桜や深眠りするベビーカー
西島 晃彦 さくらさくら入浴シーンの由美かおる
櫻井 万希子 花ニラの駆け上がる空無添加
西島 信子 悔やんでも焼けて残らぬ目刺の尾
栗原 むつ子 おちこちに修飾語溢れ山笑ふ
秋庭 菊枝 日曜句会愉快爽快飛花落花
加藤 なほこ 卯月なり確定出来ない点と線
国藤 習水 予備校の明りの白し桜蕊
塩澤 広大 青天の空に連なる桜風
加藤 右馬 藤の花社のピントぼかされり